精巣腫瘍

精巣腫瘍はオスの老犬に出来やすい腫瘍です。

概要

精巣腫瘍には数種類があり、女性ホルモンが異常に分泌される「セルトリー細胞腫」や「間質細胞種」のほか、生殖細胞が腫瘍化する「精上皮腫」などがあります。

加齢によって起こる以外だと、鼠蹊部や腹部に停留している停留精巣の犬に多く見られます。

食欲がなくなり、元気がなくなりますが、停留精巣が腹部で腫瘍化している場合は患部に気付きにくく発見が遅れがちです。

鼠蹊部で腫瘍化した場合はかなり大きくなるので触るとわかります。

症状

  • 食欲が低下する。
  • 元気がなくなる。
  • オシッコに血が混じる。
  • 脱毛する。

かかりやすい犬種

去勢手術をしていないオスの老犬。

治療と予防

治療法

去勢手術をします。
脱毛がひどい場合はホルモン療法を施します。

予防

若いうちに去勢手術をしておけば精巣腫瘍はできません。

停留精巣の犬は発症度が高いので早めの去勢手術を考えましょう。

スポンサード リンク

Home > 老犬がかかりやすい病気 > 精巣腫瘍

Search

Return to page top