肛門周囲線種

肛門周囲線種はオスの老犬に出来やすい腫瘍です。

概要

加齢に伴って肛門周囲にある線が腫瘍化します。

良性と悪性がありますが、良性でも悪性に変化する事もあります。
悪性の場合はリンパ節を通して転移します。

男性ホルモンが関わっており、オスがかかりやすいですが稀にメスもかかります。

症状

  • ウンチに血が混じる。
  • 肛門周囲に潰瘍が出来る。
  • 排便障害が起こる。

かかりやすい犬種

オスの老犬。

治療と予防

治療法

外科手術で除去します。
男性ホルモンが関係しているので去勢をしていない場合は去勢手術も同時に行なわれる場合もあります。

治療が遅れると転移して外科手術だけでは取り除けない状態になることもあるので、早期発見が重要です。

予防

若いうちに去勢しておけば肛門周囲に腫瘍は出来にくいです。

たまに肛門周囲を触って丸い腫瘍が出てきていないかチェックしましょう。

スポンサード リンク

Home > 老犬がかかりやすい病気 > 肛門周囲線種

Search

Return to page top