胃捻転

胃捻転は胸の深い犬種がかかりやすい病気です。
早期に対処しないと命に関わる病気です。

概要

胸の深い犬は胃が腹の中で吊られたような状態になっています。

若くて胃の筋肉がしっかりしている時は少ないのですが、加齢に伴い筋肉の収縮が悪くなると、胃がよじれて胃捻転となる事があります。

特に食後に散歩や運動をした時に胃拡張となり胃捻転を起こしやすいです。

胃捻転になると犬は嘔吐したくなるも吐けず、腹部が腫れて激しい痛みに襲われます。
呼吸が激しくなりチアノーゼになります。

大型犬の老犬に多いですが若い犬や小型犬でもかかる事はあります。

症状

  • 食後に急に元気が無くなる。
  • 腹部が腫れる。
  • 吐き足そうにするが吐けない。

かかりやすい犬種

シェパード、ドーベルマン、セントバーナード、秋田犬など胸の深い大型犬。

治療と予防

治療法

直ちに外科手術となります。

開腹手術をしてすぐに捻転を戻す処置が取られますが、それでも100%治るかどうかはわからない病気です。

症状が出た場合は夜間、休日に関わらず病院を探して直ちに連れて行きましょう。

また、心臓の動きが悪くなり不整脈を起こす場合もあるので、その処置も必要です。

予防

胃捻転の不安の高い大型犬には食後に激しい運動をさせないようにしましょう。

食事は出来るだけゆっくりさせるように、少しずつ間隔を置いてあげるのも良いです。

スポンサード リンク

Home > 老犬がかかりやすい病気 > 胃捻転

Search

Return to page top