外耳炎

外耳炎は耳道に炎症が起こる病気です。

概要

耳道がミミダニや細菌、マラセチア菌、真菌などによって炎症を起こす病気です。

犬の耳道は非常にデリケートなので、飼い主が掃除をし過ぎることでなる場合も多いです。

また、耳が下がっている犬は風通しが悪いのでどうしても外耳炎になりやすく、他にアトピー性皮膚炎によって外耳炎になる場合もあります。

痛みや痒みがあるので、耳を掻こうとしたり頭を傾けたり振ったり、足で掻こうとします。また、耳の近くを触られるのを嫌がります。

ひどくなってくると耳ダレが出て化膿した嫌な臭いがするようになります。

ミミダニによる外耳炎の場合は、黒っぽい耳垢が出ます。

症状

  • 耳を気にして頭を振ったり掻こうとする。
  • 嫌な臭いがする。
  • 黒っぽい耳垢が出る。

かかりやすい犬種

アメリカン・コッカースパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、シー・ズーなど耳の垂れ下がった犬。

治療と予防

治療法

耳道の洗浄をこまめにして炎症を抑えます。

根本の原因を解決しないと完治は難しいので、アトピーの場合はアトピーを抑え、ミミダニがいる場合は駆除するなどの処置が取られます。

場合によっては外科手術で耳道を切開しなければならないこともあります。

予防

ミミダニに感染しないように清潔に、かつシャンプーの時に耳に水などが入らないように注意してください。

元々外耳炎になりやすい体質の犬もいるので、綿棒による掃除のし過ぎにも注意し、一度その犬に合ったケアの仕方を病院で相談しましょう。

アトピー性皮膚炎を持っている犬の場合はそれが悪化しないように、処方食などを考えましょう。

スポンサード リンク

Home > 老犬がかかりやすい病気 > 外耳炎

Search

Return to page top