クッシング症候群

クッシング症候群は副腎からホルモンが大量に放出される病気です。

概要

副腎の副腎皮質からコルチゾール(ステロイドホルモン)という大量のホルモンが放出され、様々な症状が出ます。

クッシング症候群となる原因には副腎皮質が腫瘍化などしておこる自然発生クッシング症候群のほか、多くはアレルギーを持つ犬が治療のために長年ステロイドを多量に投与されていることでおこる医原性でおこります。

急に多量の水を飲み始める、左右対称に脱毛するなど、糖尿病とよく似た症状が出て見分けがつきにくいですが、病院で検査してもらってください。

症状

  • 食欲が旺盛になる。
  • 多量の水を飲んで大量におしっこをする。
  • 左右対称に脱毛する。
  • 腹部が腫れる、垂れ下がってくる。
  • 皮膚に線が入ったり色素が沈着するといった異常がおこる。
  • 肥満になりやすくなる。

かかりやすい犬種

プードル、ダックスフンド、ボストン・テリア、ボクサーなど。

治療と予防

治療法

自然発生クッシング症候群の場合は腫瘍化した部位を取り除くなどの外科手術が主になります。

ステロイド投与による医原性の場合は、徐々に投与量を減らしていくなどの処置が取られます。

予防

急に多量の水を飲み始めたら要注意ですが、基本的に早期発見するには症状がわかりにくいので、定期健診を受けるのが最善です。

スポンサード リンク

Home > 老犬がかかりやすい病気 > クッシング症候群

Search

Return to page top